縫製の大変さ

2014.05.31 Saturday

0



    生地と生地の繋ぎ目を平に縫製するフラットシーム

    凹凸の出ない、文字通り平な縫い目は、

    表と裏の糸(針)が複雑に連携して生まれる縫製難度の高い仕様です。

    ループアンドウェフトのアイテムにもこのフラットシームを使用していますが、

    通常スパン糸(ポリエステル糸)で縫うものを、アイテムによって綿で作られた

    「綿糸」を多用した縫製仕様としています。

    綿糸縫製は古い年代の衣料に使われていた縫製仕様であり、

    現在ではとても手間を要する難度の高い縫製です。

    とくにフラットシームは糸数も多く、高速で複雑に絡み合うため、

    縫製中にミシンの調子を何度も調整しないといけません。

    しかし、手間を要する綿糸縫製は、生地とのバランスも含め、

    製品となった際の風合いは素晴らしいものとなります。


    一見シンプルに見える平らに縫製されたフラットシーム

    そこには、縫製にたずさわる職人達の苦労と、ものづくりへの情熱が込められています。




    MADE IN JAPAN のこだわりと風合いを
    国産カットソーメーカー
    LOOP & WEFT